絶対 母になる!!

35歳☆不妊治療の記録、喜びや悲しみを繰り返し、やっと赤ちゃんを授かりました!

3回目の採卵に向けて③ AMHの値

こんな日記のような私のページに読者の方がいてくれるなんて本当にありがとうございます(*´▽`*)

毎日ムシムシ暑くて、じりじり日差しが怖いですね

日焼け止めを顔に塗ったら

目に微妙に入ったのかしばらく 目がしょぼしょぼしております

 

 

さて今回の採卵についてのスケジュールはこんな感じです

 

D2(生理中)  採血・エコー・診察・セロフェン2錠ずつ

D5 フジ300注射

D7 エコー・診察

   フジ300→フェリング225注射に変更・セロフェン1錠ずつ(D9まで)

D9 フェリング225注射(予定)

D10 採血・エコー・診察(予定) この日に採卵日が決定するはず!!

D12かD13の予定です

 

 

 

エコーで見たところ袋は10個はあるとのこと

空胞で無いことを祈るばかりです

 

そして気になっていたAMHですが

Dr.「数値4.21  良かったですね」と

年齢表を指しながら話してくれました。32~33才の平均のようです。

私の年齢から平均以上ではあったものの

ん~~~・・・・私はショックです(/ω\)

 

だって 3年前一番最初の検査ははありました!先生からも驚かれましたさ

そして 1年前はに。

今回は 4・・・!!!

 

2年間で1しか下がらなかったのに、この一年で3も減ってる!!!

 

 

まあ、卵の数が関係しているこの数値

この一年で誘発して採卵を2回もやったので当たり前なのかもしれませんが

赤ちゃんをなかなか授かれないけれど 

私の卵巣は若い!まだまだ頑張れる!と思っていたのでショックです

 

 

よし!ちょっとさぼり気味だった卵酢を欠かさず飲むぞ!

 

 

 

そして注射で呼ばれ、腕とお尻どっちに打つ?と看護師さんに聞かれ

「この前お尻にしてもらってしばらくポリポリ痒かったので腕で」

と伝えたところ

「このこと先生は知ってる?」って聞かれても注射の後は痒くなるのはおかしいことではないと思っていたので伝えなかったし、言おうとも思っていなかった(笑)

「赤くはれた?2日間も痒かったんだよね?先生にお薬の相談してくるね」

ということで

フジ300→フェリング225に変更になりました

 

後で調べたところアレルギー反応だったみたいです

お薬を痒みの為に変えてくれたのはいいけれど、変更してお薬の効きは同等なのだろうか?300から225に量が減っているけれどそれは薬成分が強いのか?

と看護師さんに聞いてみたけれど

「成分に関しては先生じゃないとわからないけれど、予定が300だったのが225に変更されてるのは先生の判断だから安心して」とのこと。

しっかりした答えはなかったけれど まぁそうか。と思うことにしました。

 

 

 

 

 そしてまだ気になることが・・・カルテに

PCOSという文字が見えてしまったんです

このことについてはまた追々書くことにしますね